ファウンドアクトは御社の経営や業務にかかわる改革・改善の取り組みを支援します。

TEL.090-8990-1266

〒704-8121 岡山県岡山市東区西大寺射越365-51

「売れるお店」になるためには何が必要か

「売れるお店」になるためには何が必要か

このエントリーをはてなブックマークに追加

実店舗での業績を、ネット販売でカバーはできませんよ。

大手のスーパーやモールでは、さまざまな専門スタッフが自分の専門分野で働いており、専門性を生かして改善を進めることができます。

しかし、それ以外のお店ではどうでしょうか。「個人経営のお店では人でもないし、資金もない。第一毎日忙しくて改善なんてやっている暇はない」と思われているのではないでしょうか。店舗改善_001

もっと来店数を増やしたい、もっと売り上げを伸ばしたい・・・と考えるその答えは、ネット販売をしたらもっと売れるんじゃないか・・・なんてことになっていませんか。

たしかにネット販売は実際のお店を構えるよりは初期投資も少なくて済みますし、サービススタッフもいりません。だから簡単にできるかと言えば、それはNOになると私は考えます。自店のHP(ホームペイジ)やECサイト(商品販売の専門サイト)を作ればうまく行くでしょうか。モール(楽天・ヤフーなど)に出店すればうまくいくでしょうか。モールでは様々な販売促進を支援してくれますが、一番のキーは自店の魅力や販売している商品力(商品の魅力)です。自店でHPやECサイトの運営はさらに難しいはずです。

個人経営のお店でもできる「売れるお店づくり」とは

「お店が繁盛し・多くのお客様が来店され・たくさんの商品を買ってくださる」ようになるために大事なことは、実店舗でもHPやECサイトのバーチャル(ネットの仮想現実)のお店でも、私は同じだと考えます。

私は、小学生のころに近所にあった魚屋さん・八百屋さん・お肉屋さんや雑貨屋さんがとても好きです。小さいけれどお客様一人一人にあった商売をされていたあのお店はとにかく行くと楽しかったのを覚えています。子供だった私にも近所の大人として、またお客としても接してくれました。

日本の中には百年企業と言われるものすごく長い歴史を持った会社があり、その精神ややり方が注目されています。また、近江商人の三方よし「売り手よし・買い手よし・世間よし」を学ぼうという会などもあります。

お客様に大事にされるお店づくりは大きな会社だからできるということではないと思います。小さなお店でも繁盛しているお店はたくさんあります。

»

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です